• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットワード

マテ茶

ミネラルや食物繊維が豊富なマテ茶には、代謝アップなどの効能を期待できる!

マテ茶とは、マテの葉や枝から作られるお茶のことである。ミネラル食物繊維が豊富なため、内臓機能向上による 代謝アップや、整腸作用によるダイエット効果を期待できる。ただし大量摂取や長期的な摂取は、カフェインが原因の副作用が心配されるため、短期的な適量摂取が望ましい。

マテ茶は、南米国で生産されているお茶である

マテ茶は、ブラジル・アルゼンチン・パラグアイなどの南米国で生産されているお茶である。
日本では、コカ・コーラが販売する「太陽のマテ茶」が有名だが、緑茶やウーロン茶などと比較すると普及率は低めである。しかしブラジルなど南米生産国においては、家庭飲料として長らく親しまれている。

グリーン・マテ茶やロースト・マテ茶などの種類がある

モチノキ科の常緑低木になるマテの葉や枝を乾燥させ、粉砕したものがマテ茶の材料となる。         
乾燥・粉砕後に、風味を増加させる目的で、1年ほど貯蔵・熟成させたものはグリーン・マテ茶と呼ばれる。
さらにグリーン・マテ茶を焙煎すると、グリーン・マテ茶より風味豊かなロースト・マテ茶となる(ロースト・マテ茶は、特にブラジルで愛飲されている)。

ミネラルや食物繊維が豊富で、飲む野菜などとも呼ばれる

マテ茶には、必須栄養素のミネラル類(カルシウムマグネシウム、亜鉛、鉄分)や食物繊維が多量に含まれている。マテ茶が「飲む野菜」「飲むサラダ」などと呼ばれているのは、そのためである。
烏龍茶と比較した場合、カルシウムでは28倍、マグネシウムでは約20倍、亜鉛では約3倍、鉄分では約20倍の量が含まれている(日本マテ茶協会のHP参照)。

マテ茶と烏龍茶における栄養素の含有量(100ml中)
栄養素
マテ茶
烏龍茶
カルシウム
17.1 mg
0.6 mg
マグネシウム
13.0 mg
1.09 mg
亜鉛
0.82 ppm
0.26 ppm
鉄分
0.59 mg
0.03 mg
食物繊維
0.90 %
0 %

ミネラルや食物繊維が豊富なマテ茶を飲むことは、肉中心の食生活を原因とする野菜不足の解消につながる。
またミネラルのもつ内臓機能向上やそれによる代謝アップ食物繊維のもつ整腸効果を期待できるので、ダイエットにも有効なお茶であると言える。

カフェインの大量摂取や長期的摂取には注意

マテ茶はミネラルや食物繊維の他にも、ビタミンA、ビタミンB群、葉緑素、フラボノイド等々、健康向上に有効な栄養素を多種多量に含んでいる。ドイツのコミッションEでは、体のみならず精神の疲労を回復させる効能ももつとしている。

そのため一見長所ばかりのように感じられるが、マテ茶に含まれるカフェインに関しては用心する必要がある

カフェインを大量または長期的に摂取すると、以下のような症状が表れ得るためである。

  • 不眠
  • 頻尿
  • 吐き気や嘔吐
  • 頻脈性の不整脈
  • 頭痛、耳鳴り
  • 情緒不安定、神経の高ぶり
  • 血圧上昇

さらに糖尿病や高血圧、骨粗しょう症などの疾患が重症化する恐れもあるため、該当者は特に注意すべきである。またお酒との併用も、副作用のリスクを高めるので好ましくない。

カフェインの副作用リスクを避けるためにも、マテ茶の適量・短期的摂取を守ることが大切である。

ダイエットサポートに役立つお茶のまとめ

マテ茶をはじめ、ダイエットサポートに役立つお茶のまとめ。マテ茶ほか、黒豆茶や黒烏龍茶などコンビニで買えるものも多くて便利です。有効成分や脂肪に効くメカニズムなど、効能の具体的な説明もあるので、なぜダイエットに効果的なのかがよく分かります。

お茶を飲む女性

ダイエットに使えるお茶を集めてみた
http://slism.jp/communication/clm-diet-good-tea.html

マテ茶ほか、ダイエットサポートに役立つお茶のまとめ。含有成分や痩せるメカニズムの説明もあり、ダイエットに効果的な理由もよく分かる!

[
]

コメント

カロリーSlism「食べた物の栄養とカロリーが瞬時に分かるカロリー計算機」
イズミー
イズミーのこの記事まとめました

南米のマテ茶が日本上陸!

  • 南米生産国の家庭飲料である

    南米生産国の家庭飲料である

    マテ茶は、ブラジルやアルゼンチンなど南米生産国において、長らく愛飲されている家庭飲料である。

  • ミネラルや食物繊維が豊富

    ミネラルや食物繊維が豊富

    マテ茶にはグリーン・マテ茶やロースト・マテ茶などの種類があり、ミネラルや食物繊維を多量に含んでいる。

  • 大量・長期的摂取は避けるべき

    大量・長期的摂取は避けるべき

    マテ茶はミネラルや食物繊維以外にも多種の健康成分を含むが、副作用を起こし得るカフェインも含むため、大量・長期的摂取は避けるべきである。

 
 
新着用語 分類から用語を検索 新着記事 調べられている用語ランキング