• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットワード


ゼニカル

大人気のダイエット薬ゼニカルには、脂肪吸収30%カットの効果あり!

ゼニカルは、肥満対策やダイエットサポートに有効な薬。リパーゼ脂肪分解の活動を妨げる作用がある。ゼニカルを飲むと、脂肪の吸収量を約30%カットすることができる。ただし、すでに体に蓄積されている内臓脂肪皮下脂肪を減らすまでの効果はないので、誤解のないよう注意。また、ゼニカルを利用すると脂溶性ビタミンが不足しがちになるので、利用するならば脂溶性ビタミンの意識的摂取も心掛けたい。

ゼニカル

ゼニカルは、肥満対策やダイエットに利用されている薬

ゼニカルとは、肥満症対策やダイエットサポートを目的に飲まれている薬のこと。
スイスの有名な製薬企業エフ・ホフマン・ラ・ロシュ社が開発した薬で、アメリカ食品医薬品局(FDA)に安全性や効果を認められている。「世界規模で人気の痩せ薬」などと評されるほどの需要を誇っているが、日本においては未だ厚生労働省からの認可は下りていない。

脂肪の分解・吸収を妨げて、体外への排出をうながす

ゼニカルには、脂肪分解酵素リパーゼが、脂肪分解のために活動するのを妨げる作用がある。
リパーゼが脂肪を細かく分解する作業を行わないと、小腸からの吸収がうまくできなくなる。分解されない高分子の脂肪は、便と一緒に体の外に捨てられる。ゼニカルはこの仕組みを利用して、脂肪吸収を妨げたり、脂肪の体外排出をうながしたりする。

脂肪排出量は30%、もともとの体脂肪は減らせない

ゼニカルの力で排出できる脂肪量は、摂取量の20~30%と言われている。
またゼニカルの効能はあくまでも“リパーゼに作用することで、摂取した脂肪の分解と吸収を妨げる”なので、すでに付いている体脂肪を減少させることはできない。

以上から、ゼニカルに、余分な内臓脂肪や皮下脂肪のダウンを期待したり、ただ飲むだけで痩せられる薬などと誤った認識をもたないよう注意が必要。ゼニカルを利用するなら、肥満や肥満度上昇を防ぐ、ダイエットサポートのためという意識で利用するが正しい。利用例は、「揚げ物など脂肪の多い食事をした時に飲む」など。

副作用は、トイレの回数が増える程度なので安心

ゼニカルは脳に作用するような類の薬ではないため、重い副作用が表れる危険性はない。
ただし排便の回数が多くなる、便が柔らかくなる、おならが出やすくなるなどの軽い症状が表れる可能性はある。「便と一緒にオレンジ色の油のようなものが出て驚く」という体験談もよく聞かれるが、いずれも健康を大きく損ねるようなものではない。

偽物に注意、脂溶性ビタミンの不足に注意!

ゼニカルを手に入れるには、医師から処方してもらう、通販を利用して個人輸入するなどの方法がある。
後者の方法で入手する場合は、偽物が出回っているので注意しなければならない。

また、ゼニカルを利用する際の注意事項として、脂に溶ける性質のビタミン(ビタミンA、D、E、K)不足に気を付けなければならない。ゼニカルを飲むと、脂肪と一緒にこれらも体の外に捨てられてしまうので、食事やサプリメントで脂溶性ビタミン類を意識的に補うことが勧められている。

[
]

コメント