• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエット方法/食事

水ダイエット

  • 手軽さ-★4
  • 成功率-★3
  • おすすめ度-★4
  • 安くすませたい-100~199円
  • 時間をかけて確実に!-1ヶ月~3ヶ月

水ダイエットは1日約2ℓを目安に、お水を飲むだけのダイエット方法です。利尿作用があり、血液循環の改善にもつながるので老廃物を排出するデトックス効果があり、健康的な代謝を維持する作用を持つので健康的に痩せたい人に効率的なダイエットです。

水

ダイエット方法

水ダイエットは、1日に約2ℓの水を飲むダイエットです。
水はなるべく冷たすぎない温度(できれば常温)で飲みましょう。

1日に体重の4%の水を飲むのが効果的とされています。無理なく、少しずつ水を飲むようにしましょう。

水を飲むタイミング

起床時と食事の30分前に、コップ一杯(約200mℓ)の水を飲みます。

それ以外の時間は、少しずつ水を飲むようにして、1日で摂取する水の量が約2ℓになるようにします(回数を出来るだけ多く、量を小分けにして飲むと負担になりにくいです)。

軟水と硬水の違い

水ダイエットではたくさんの水を飲むので、消毒用の塩素が含まれる水道水は避けたほうが良いでしょう。浄水器などでろ過して塩素を抜いた水道水なら大丈夫です。

ミネラルウォーターは種類がとても多く、購入する際に迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。
水には軟水と硬水があり、1,000ml中に含まれるミネラルの量で分類されています。
軟水はミネラルが少なく、まろやかで飲みやすいといった利点のある水であり、硬水はミネラルが多く含まれている水です。

水ダイエットにおすすめなのは、ミネラル豊富な硬水です。軟水よりも満腹感が得られるので、食べ過ぎ防止効果があるのです。しかし、日本の水は軟水が多いので、軟水の方が飲みやすいと感じる人が多く、硬水は飲みにくいと感じる人もいるかもしれません。

水ダイエットに利用する水は、たくさん飲み続けることを考えて、自分に適した水を選びましょう。

メリット

水ダイエットには利尿作用などによるデトックス効果・代謝UPに効果的です。
また、便秘の解消や食べ過ぎの予防にも効果が期待できます。水はノンカロリーで体に脂肪として残らないのでダイエット中も安心です。

デトックス効果&代謝の向上

細胞は水分を使って代謝しているので、水分を摂取することで基礎代謝が向上します。
さらに、血液やリンパの流れが改善されるので、老廃物が排出されて代謝UPにつながります。
体の中がキレイになり、代謝良くなることで、太りにくい体質を作れるのです。

便秘の解消にも!

便秘に悩む人は、水分の摂取で便に程よい水分がいきわたり、便通を改善する効果があります。

特に朝起きてからの一杯は、便秘の解消にとても効果があります。
朝コップ一杯の水を飲むと、睡眠中に失われた水分を補い、胃腸を刺激・活性化して、消化機能を高めることができるのです。

毎食時には満腹感で食べ過ぎ防止

食事の前にコップ一杯の水を飲むと、一時的な満腹感を感じることで、過剰な食欲を落ち着かせる効果があります。

*

デメリット

大量の水を飲むことで、血液が薄まると脳が水分摂取を控えるように信号を出し、水を飲むのが苦痛に感じる場合があります。
飲む量を決めて「飲まなければいけない」と考えてしまうと、ストレスの原因になります。
飲む水の量を決めずに、無理なく行なうことが水ダイエットを長く続けるポイントでしょう。

水の量と塩分の控えすぎにご注意!

水の量が多いので塩分を控えすぎると低ナトリウム血症となり、水中毒を引き起こす可能性があるので、塩分を控えすぎないようにしましょう(1日約6~10g程度)。汗をかきやすい夏場や、運動後の水分補給のときには塩分などミネラルの補給も大切です。一度に大量の水を飲むのではなく量を小分けにして回数を多くしましょう(※逆に塩分過多はムクミを発生させてしまいます)。

トイレの回数が増えるので、職業柄などの理由でトイレに行けない環境の人にはオススメできません。

*
ダイエット トップへ戻る ダイエット方法【食事メニューページ】へ戻る
*
[
]

コメント 3 Comment

  1. にゃんにゃん より:

    水ダイエットしてみよーっと

  2. 小林九二男 より:

    良いですね、僕もやって見よう、ちなみに身長165センチ体重70キロ年齢67歳

  3. 匿名 より:

    これ、本当にやせます。
    健康にもいいし、皆に効果があることを祈ります。私は、8キロ痩せました!

評価リスト 新着記事 人気記事ランキング