• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエット方法/食事

さつまいもダイエット

  • 手軽さ-★4
  • 成功率-★4
  • おすすめ度-★4
  • お金はかけたくない-0~99円
  • 時間をかけて確実に!-1ヶ月~3ヶ月

さつまいもは低カロリーで腹持ちが良く、栄養価の高い食材。1食をさつまいもに置き換えるだけで、3食食べていても、摂取カロリーが減らせて、健康効果・美容効果が得られるのです。手軽でリーズナブル、成功者の多いダイエット法です。

さつまいも

ダイエット方法

さつまいもダイエットの方法は、いたって簡単!1日1回主食を150gの蒸したさつまいもに変えるダイエット法です。

主食をさつまいもに!

1日の食事のうち1食だけ、主食をさつまいもにします。おかずは好きなものを食べても良いですが、炭水化物は控えるようにしましょう。

主食を低カロリーのさつまいもに置き換えることで、摂取カロリーをダウンすることができますが、他の食事で食べ過ぎてしまっては、効果が現れにくくなってしまいます。
さつまいもダイエットは、食事制限やカロリー制限はありませんが、栄養バランスのとれた食事・腹八分目を心がけることが大切です。

さつまいもは皮がポイント!

さつまいもを食べるときに、皮をむいたり、皮を残してしまったりしていませんか?
さつまいもは、皮や皮の近くに豊富な栄養素が含まれています。皮ごと食べて、栄養をまるごと摂取しましょう。

さつまいもの調理のポイントは?

さつまいもの調理方法に決まりはありませんが、蒸して食べるのがおすすめです。
さつまいもを蒸して食べることで、皮ごと食べられて、余計なカロリーを摂取することもありません。ダイエット中には、なるべく蒸して食べるようにしましょう。

メリット

「炭水化物は太る」というイメージはありませんか?
さつまいもは肥満防止や排便促進などの効果があり、炭水化物の中でも太りにくい食材です。 さつまいもは6割以上が水分でカロリーが低く、150gで約190kcalしかありません。ご飯1膳(約150g)では、約250kcalなので、ご飯をさつまいもに置き換えるだけで約60kcalも減らせるのです。

また、さつまいもは一年中手に入り、安価な食材なので、手軽にダイエットができます。美容にも健康にも効果があり、ストレスなく・美しくやせたい人におすすめのダイエット法です。

便秘解消に効果的!

さつまいものは便秘解消に効果的な食物繊維とヤラピンが含まれています。便秘解消に効果があるのは、この2つの相乗効果によるものです。

ヤラピンは、腸のぜんどう運動を促進して便を柔らかくする効果があり、食品の中でさつまいもにしか含まれていない栄養素です。
また、さつまいもに含まれている不溶性食物繊維にも、腸の働きを促進する効果や、便のかさを増やして便通をスムーズにする効果があります。

食物繊維とヤラピンは加熱によって効果が落ちることはないので、どの調理方法で食べても効果が得られますが、ヤラピンはさつまいもの皮の近くに含まれているので、皮ごと食べなければ十分に効果が得られないので注意しましょう。

美肌効果!

さつまいもには、ビタミンCが多く含まれています。ビタミンCは熱に弱いですが、さつまいもに含まれているビタミンCはでんぷんに守られているため壊れにくく、加熱調理をしてもしっかりとビタミンを摂取できます。

ビタミンCには、肌のメラニン色素を減らしてシミ・そばかすを防ぐ効果、肌のハリ・弾力を良くする効果などがあり、美肌作りのサポートをしてくれます。

満腹感がある!

さつまいもは、食物繊維を豊富に含み、とても腹持ちが良い食べ物です。空腹感を感じにくいので、ストレスによるドカ食いやイライラを防ぐことができます。

*

デメリット

さつまいもダイエットで挫折してしまう人の多くが、さつまいもに飽きてしまうのだとか…。 さつまいもダイエットは、調理方法に決まりはありませんので、気分の乗らない場合には調理方法を変えて食べると良いでしょう。

しかし、砂糖を多く使用する大学いもやスイートポテトは、カロリーオーバーになってしまうので、あまりおすすめできません。煮物やサラダなど、ダイエット中に適したレシピを増やしていくと良いですね。

*
ダイエット トップへ戻る ダイエット方法【食事メニューページ】へ戻る
*
[
]

コメント

評価リスト 新着記事 人気記事ランキング