• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットワード


ヒップアップ

下垂したお尻のヒップアップ方法は、ヒップエクステンションなどの筋トレが効果的!

ヒップアップとは、筋力低下などが原因で垂れたお尻を引き上げること。ガードルやヒップアップショーツを着用する手もあるが、根本から治すには筋トレなどの努力が必要。お尻の筋肉強化に有効なエクササイズには、蹴り上げ動作を行うヒップエクステンション、横向きに寝て脚を上げるヒップアブダクション、仰向けになり腰を上下させるヒップリフト、膝の曲げ伸ばしを行うスクワットなどがある。骨盤の歪みが原因の場合は、骨盤矯正エクササイズを行うことでヒップアップできるほか、下半身を中心としたダイエット効果を得ることもできる。

ヒップアップ

垂れたお尻を、元の位置に引き上げること

ヒップアップとは、筋肉の衰えなどが原因で下垂したお尻を、元の位置まで引き上げること。
もっとも簡単なヒップアップ方法に、ガードルやヒップアップショーツなど補正下着の着用があるが、効果は一時的かつ限界があるので、根本から改善するためには、筋力トレーニングでお尻の筋肉を強化する努力が必要。

“3つの臀筋”の衰えは、垂れ尻の原因に!

お尻の筋肉には、大臀筋、中臀筋、小臀筋の3種類がある。
それぞれの特徴を簡単に説明すると、大臀筋は後方への脚上げやジャンプの動作を支えており、中臀筋は歩行や外側への開脚の動作を支えており、小臀筋は股関節や骨盤を安定させる働きをしている。

これら3つの臀筋は、お尻の位置やハリを支える役割も果たしているので、加齢や運動不足のせいで筋力が低下すると、お尻の皮膚や脂肪が下に落ちていわゆる垂れ尻の状態になってしまう。

お尻の筋力強化に有効なエクササイズ

お尻の筋肉を鍛えてヒップアップをはかるには、以下のようなエクササイズが有効とされている。

  • ヒップエクステンション(バックキック)…立ち姿勢または四つん這い姿勢で、後方への脚上げ動作を行う。
  • ヒップアブダクション(サイドキック)…横向きに寝て、脚を伸ばしたまま天井へ持ち上げる。
  • ヒップリフト…仰向けに寝て両膝を曲げ、腰を上下させる。v
  • スクワット…両手を後頭部に当てて、膝の曲げ伸ばし動作を行う。

骨盤の歪みが原因なら、矯正ストレッチで改善を

お尻の下垂は、日常の悪い姿勢や妊娠・出産で、骨盤が歪んでしまうことも原因になる。
骨盤の歪みがお尻の下垂の原因になっている場合は、専用の骨盤矯正ベルトを利用したり、整体師の指導のもと矯正ストレッチを行ったりするとよい。骨盤の歪みを治すとヒップアップのほか、全身(特に下半身)のダイエット効果も得ることができる。

[
]

コメント