• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットワード

骨盤枕

寝るだけで姿勢が良くなって痩せやすいって評判の骨盤枕!

骨盤枕とは、骨盤クッションとも呼ばれ細い筒状の枕であり、骨盤枕を使用して横になることで、骨盤のゆがみを改善することができ、ダイエットや健康効果が期待できるとされている。

骨盤枕の使い方

骨盤枕の使い方は、1回5分、骨盤枕を背中のあたり(へその真後ろ)に挟んで仰向けになり、ポーズをとるだけであるため、無理なく取り入れられるダイエットとして骨盤枕を使ったダイエットの本がヒットとなっている。
本には、骨盤枕のダイエットポーズがいくつも紹介されているほか、空気でふくらますタイプの骨盤枕が付録についている。

基本姿勢

  1. 骨盤枕の上に仰向けになる。
  2. 足を肩幅に広げ、かかとを床にシッカリつけ、足の先だけを内側に向けて、ハの字にし親指同士をつけるようにする。
  3. 両腕ともに伸ばし(バンザイの状態)、手の平を床に付けるようにする。可能であれば手の小指同士を付けるようにする。
  4. このポーズを5分間維持する。

慣れないうちは、無理をせずに骨盤クッションとして背中、腰の下において横になり、手足を伸ばした状態で維持するようにする。

骨盤枕の効果

骨盤枕を腰部分に敷くことで、背骨が自然と本来のS字湾曲となり、ストレッチ効果が高く、腰痛、肩こり、骨盤のゆがみ解消が期待できる。
立位にて体を反らせる体操に比べ、横になっているので腰を痛めている人でも、負担が少なく腰を伸ばすことができる。
背骨の歪みを解消することで、骨とリンクしている筋肉の張りが少なくなるため、肩こりや首のコリの改善にも繋がる。

背骨がS字カーブを描くことで、胸を張り、腰を引いた姿勢となることから、腹部の筋肉を常に使った状態となり、インナーマッスルが鍛えられ代謝が上がり、脂肪燃焼が望めるためダイエット効果も高い。

下腹が出ている(ぽっこりお腹)の人は、姿勢が前傾気味(猫背)で内蔵を支える筋肉も弱っている可能性が高く、背筋を伸ばした正しい姿勢をとることで、内臓と脂肪が胸に引っ張られ上がることで、ウエストにクビレができる。

骨盤枕の作り方

バスタオルなどを直径10cm程度の筒状にし、紐でキツメに縛る。

既製品の骨盤枕と同様の効果が得られるため、簡単に誰でも骨盤枕ダイエットができる。

仰向けで横になる女性のイラスト

骨盤枕の作り方の解説と、骨盤枕ダイエットのやり方がイラストを使って分かりやすく解説されている。

骨盤のゆがみが体に与える影響

[
]

コメント 1 Comment

  1. イズミー より:

    骨盤枕ダイエットと骨盤枕の作り方はダイエットSlismのコラムでも紹介していますよ♪
    https://slism.jp/communication/column-0108.html

カロリーSlism「食べた物の栄養とカロリーが瞬時に分かるカロリー計算機」 新着用語 分類から用語を検索 新着記事 調べられている用語ランキング