• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットワード


サノレックス

食欲を抑える薬のサノレックスは、副作用があるので用法用量を守ろう。

サノレックスは薬剤名をマジンドールといい、食欲を抑える薬。厚生労働省が認める唯一の食欲抑制剤で、高度肥満の患者に処方すべき薬とされている。効果は確かだが、副作用や依存のリスクがあるので、適切な継続期間の1~2ヶ月を守って使用すべき。また減量成功のためには、サノレックスの服用と併せて、悪い生活習慣の改善などプラスアルファの努力も必要。

食欲を抑える薬で、正式な薬剤名はマジンドール

サノレックスとは食欲を抑える薬の一種で、薬剤としての正式名称はマジンドール。
食欲抑制剤には、スリーエフ、ゼニカル、フルファストなど色々な種類があるが、国内で厚生労働省に承認されている食欲抑制剤は、現時点ではサノレックスのみとなっている。

サノレックス=飲むと痩せる痩せ薬、ではない

サノレックスは、脳の視床下部にある満腹中枢に働きかけることで食欲を抑制する。
食欲が収まれば、過食を防げて摂取カロリーを抑えられるので、結果として減量の効果を得られることになる。

最終的に得られる減量効果のみに注目して、サノレックスを「飲むだけで痩せられる痩せ薬」と勘違いしている人もいるようだが、サノレックスの有する効能はあくまで食欲抑制なので、サノレックス=痩せ薬やダイエット薬と解釈するのは正しくない。

高度肥満(BMI35以上)の人に処方されるべき薬

サノレックスは、医師より高度肥満(BMI値35以上)と診断された人に対して処方される。
該当しない人がサノレックスの購入を希望しても、通販や個人輸入などの方法で手に入れることはできない。

また先でも述べたが、サノレックスはあくまでも減量のサポーター的な役割を果たすものなので、確実な成果を得るためには、肥満の原因になる不健康的な生活を改めるなど、本人の努力も不可欠。

サノレックスの用法・用量は、以下のとおり。

  1. 1. 昼食をとる1時間前に、1錠を飲む。
  2. 2. 効き目を実感できるようであれば、昼前1錠のペースで服用を続けていく。
  3. 3. 効き目を実感できない場合は、昼食と夕食の1時間前に1錠ずつ、合計で1日2錠を服用する。

副作用や依存性があるので、長期の服用には注意

サノレックスを飲み続けると、次第に体が慣れてくるので効き目が薄れてくる。
しかし副作用や依存性のある薬なので、継続服用は1~2ヶ月、最長でも3ヶ月にとどめるべきとされている。
それ以上の継続服用を行いたいのであれば、5~6ヶ月あいだを空けてから服用を再始するのが望ましい。

サノレックスを服用した人の1~2割に、副作用が表れると言われている。
よく表れる副作用は、口の渇きと便秘の2つだが、人によっては頭痛、めまい、吐き気、不眠の症状が表れることもある。万が一ひどく具合が悪くなってしまった場合は、すぐに医師に相談することが大切。

[
]

コメント