• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエット方法/食事

肉食ダイエット

  • 手軽さ-★2
  • 成功率-★2
  • おすすめ度-★2
  • 多少の出費は仕方ない-300~499円
  • 時間をかけて確実に!-1ヶ月~3ヶ月

肉を好きなだけ食べてもやせられる!?肉食ダイエットは、糖質を含む米や野菜を減らし、肉や魚はおなか一杯食べて良いダイエット法。体脂肪の原因である糖質を抑えることで、体脂肪が減り、新陳代謝を高めることができてやせられるのです。

肉 赤身

ダイエット方法

肉食ダイエットは、肉好きにはたまらない、肉を食べても良いダイエットです。
肉を食べながら本当にやせられるの?と思ってしまいますが、糖質の摂取量を減らせば、お肉を摂取していてもやせられるのです。

肉食ダイエットのルール

  • 脂肪分の少ない肉・魚(ゆで卵)を主食に置き換える
  • ご飯・野菜の摂取量は最小限に抑える

肉食ダイエットは、極力糖質を摂取しないようにするダイエット法です
糖質を含んでいる野菜やご飯を摂取する場合には、野菜は添え物程度、ご飯は茶碗に半分程度にしましょう 。

脂肪分の少ない肉なら沢山食べてもOK!

脂肪分の少ない肉・魚ならば、好きなだけ食べても良いです。調理する時間がない場合や気分が乗らない場合には、ゆで卵で代用できます。
また、脂身の多い肉は、取り除いて使用すれば摂取する脂肪分が減らせます。

野菜はなるべく食べないようにする!?

野菜をなるべく多く摂取するダイエット法が多いですが、肉食ダイエットは、糖質を含む野菜の摂取は最小限にします。
糖質が少ない野菜に、キュウリ・セロリ・もやしなどがあります。葉野菜は糖質が少ないので、おすすめです。反対にイモ類や豆類は糖質が多いので、注意しましょう。

間食はダメ!?

肉食ダイエットは、間食も肉や魚、卵が理想的です。果物や乳製品にも糖質が含まれているので、控えましょう。

調味料にも注意が必要

糖質は砂糖やみりんなどの調味料にも含まれているので注意が必要です。フライに使用する小麦粉やパン粉も糖質が含まれています。
よく使用する調味料に糖質が含まれていないか、確認すると良いでしょう。

メリット

余分な糖質が原因となって、体に脂肪が蓄積されてしまいます。糖質はエネルギーとして使用されますが、使い切らずに余った糖質は、体脂肪として体に溜まってしまうのです。

肉食ダイエットは、主食をご飯から肉や魚に置き換えるので、体脂肪の原因である糖質の摂取を減らし、体脂肪を減らせます。さらに、体脂肪が減ることによって代謝が高まり、脂肪を燃焼しやすい体になっていきます。
肉食ダイエットは、体脂肪を減らす効果だけでなく、脂肪を燃焼しやすい体を作る効果があり、しっかり食べながら脂肪を落とせるダイエット法なのです。

また、ダイエット中は「肉はNG」と思っている人が多いのではないでしょうか。
お肉が好きな人にとって、ダイエットのために肉を食べないようにすることはつらいことです。肉食ダイエットは、肉が好きな人にはストレスが少なく、長く続けやすいダイエット法と言えるでしょう。

*

デメリット

肉食ダイエットは糖質を摂取しないようにするダイエット法ですが、糖質には心を癒したり、安心させる効果があり、どうしても甘いものが欲しくなってしまう人もいるようです。
肉は食べられますが、甘みを感じる食べ物は控えなくてはいけません。甘いものが好きな人には、向いていないダイエット法かもしれません。

また、肉の摂取量を増やすのですから、それだけ食費がかかってしまうというデメリットもあります。ゆで卵は、安価で豊富な栄養が含まれているので、上手に活用すると良いでしょう。

*
ダイエット トップへ戻る ダイエット方法【食事メニューページ】へ戻る
*
[
]

コメント 1 Comment

  1. でこ より:

    便秘にならないか心配だよ

評価リスト 新着記事 人気記事ランキング