• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエット方法/食事

コーヒーダイエット

  • 手軽さ-★3
  • 成功率-★3
  • おすすめ度-★3
  • 安くすませたい-100~199円
  • 時間をかけて確実に!-1ヶ月~3ヶ月

コーヒーダイエットは運動・入浴前などにコーヒーを飲むダイエット方法です。カフェインの脂肪を分解し燃焼しやすくしてくれる働きを利用した方法で、コーヒーを飲んだ後の運動やマッサージの効果が格段に上がり、ダイエット効率を大幅アップさせてくれます!

コーヒー

ダイエット方法

ホットコーヒーを毎食後と入浴・運動前に飲むだけ!1日4~5杯飲みます。
コーヒーダイエットの時に飲むコーヒーは、ブラック&ホットにしましょう

コーヒーのダイエット効果のポイント

  • 入浴・運動前に飲む時は、コーヒーを飲んでから30分~1時間後くらいが運動やマッサージなどの効率アップに適したタイミングです。
  • カフェインの効果の持続時間は3時間~4時間だといわれているので、持続時間も目安にして飲むとよいでしょう。
  • コーヒーに含まれるポリフェノールの一種クロロゲン酸は焙煎に弱いのでコーヒー豆は浅煎り豆(ライト~ミディアムロースト)を選ぶとよいでしょう。

ブラックに飽きちゃったら…+ソイミルク

豆乳を軽く温めてからコーヒーに加えて飲んでみてはいかがでしょうか?
豆乳は栄養豊富で低カロリーなので、ダイエット中も安心して取り入れられます。

メリット

コーヒーなどに含まれるカフェインが脂肪を燃焼しやすくしてくれます。コーヒーには発ガン性があるとされていましたが、現在では逆に発ガン性物質の生成を抑制する働きが認められています。 他にも、コレステロール値を下げ、善玉コレステロールを増やし、動脈硬化の予防をするなどの効果があります。
カフェイン以外のコーヒーの成分にも自律神経の働きを高め肥満防止などの効果が期待できます。

カフェインで脂肪燃焼の効率アップ

コーヒーを飲むと溜まった脂肪〈中性脂肪〉が分解され脂肪酸として血中に放出されます。脂肪燃焼の一歩手前の状態にしてくれるのです!コーヒーを飲んだ後に運動やマッサージを行なうことで、通常よりも早く脂肪酸が燃え始め、高い効果が得られるのです。
さらに、脂肪を溜め込む酵素(PD酵素)を抑えて脂肪分解酵素(リパーゼ)の活動をスムーズにしてくれます。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸に注目

クロロゲン酸はポリフェノールの一種でコーヒーに含有されています。コーヒーの褐色・香り・味に影響している成分で、ポリフェノールの特徴のガン・動脈硬化・老化などを予防する抗酸化作用の他に、肝臓での脂肪燃焼を促進すると考えられています。
また、自律神経の働きを高め肥満を予防する効果が期待できます。ただし、クロロゲン酸は酸化しやすく、焙煎で多くが分解されてしまうので浅煎りのコーヒーを選びましょう。

コーヒーのアロマ効果

淹れたて(5分)のコーヒーの香りには抗酸化作用のある物質がたくさん含まれていて、なんとオレンジ3個分も効果があるそうです!
また、ピラジンという香り成分にはリラックス効果・脳の活性化・血液サラサラ効果があります。
何かと我慢する事が多いダイエット中は特に、コーヒーで一息つくのはとても良いことなのです。

*

デメリット

カフェインは薬物成分で、市販の風邪薬に使用されています。薬を飲んでいる方は特に注意しましょう。
また、カフェインは鉄分の吸収を悪くする働きがあります。妊娠している人は鉄分が不足しやすく、貧血になりやすいので、カフェインはなるべく控えるようにしましょう。

1日のカフェインの摂取量を500mg以上になると、副作用が出やすくなります。
副作用には、動機・ふるえ・めまい・不安感・不眠・頭痛・食欲不振・嘔吐などの症状があり、このような症状が現れた場合には、コーヒーの摂取を控えなければいけません。

自分の健康状態に合わせてコーヒーを飲むことが大切です。

*
ダイエット トップへ戻る ダイエット方法【食事メニューページ】へ戻る
*
[
]

コメント

評価リスト 新着記事 人気記事ランキング