• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットワード


グルカゴン

血中グルカゴン検査とグルカゴン負荷試験は、糖尿病チェックや治療に役立つ。

グルカゴンは、血糖値をコントロールするホルモン。膵臓のランゲルハンス島のα細胞で産生される。血中のグルカゴンが少なすぎると慢性膵炎、多すぎると糖尿病などの病気が疑われる。グルカゴンの注射と血中Cペプチドの採取を行うグルカゴン負荷試験では、インスリンの分泌能力を知ることができる。インスリンの分泌能力が分かると、糖尿病の治療方針を決めることができる。

グルコガンは、血糖値をコントロールするホルモン

グルカゴンとは、血糖値をコントロールする役目を担っているホルモンのこと。
お腹が空いて血糖値が下がると、膵臓のランゲルハンス島にあるα細胞よりグルカゴンが分泌される。
グルカゴンは肝臓のグルコーゲンを代謝してブドウ糖に変えることで、血糖値を上昇させる。

血糖値が上がり過ぎた場合は、グルコガンは膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞に、インスリンを分泌するように命令を下す。インスリンが分泌されると、血糖値は低下する。

手足が震えたり心臓がバクバクしたら、低血糖かも!?

低血糖になると、グルカゴンが血糖値を上げたり交感神経を刺激したりするので、手足のふるえや心臓の高鳴りなどの症状が表れるようになります。この状態が続くと健康が危うくなるので、ジュースや果物を食べて早目に対処しましょう。

血中グルカゴンが異常値の場合、病気の疑いあり

グルカゴンの分泌が正常であるかどうかは、血液検査(グルカゴン検査)で調べることができる。
血中グルカゴン値が正常値から大きく外れている場合、以下のような病気に罹患している可能性がある。

  • 50pg/ml未満……慢性膵炎、下垂体機能低下症、グルカゴン欠損症
  • 200~1000pg/ml未満……糖尿病、肝硬変、腎機能障害
  • 1000pg/ml以上……グルカゴン産生腫瘍

※血中グルカゴン値の正常値は、50~150pg/ml未満とされる。

グルカゴン負荷試験で、インスリンの分泌能力がわかる

グルカゴンは、膵臓のインスリン分泌能力を知る手掛かりにもなる。
膵臓のインスリンの分泌能力を調べることを目的とした検査を、グルカゴン負荷試験という。
グルカゴン負荷試験の内容は、グルカゴンの静脈注射と血液中のCペプチドの採取を行うというもの。

グルカゴン負荷試験の結果をみて、以下のように糖尿病の治療方針を決めることができる。

  • 0.7~1.0ng/ml以下……インスリンの投与
  • 0.8~1.8ng/ml以下……スルホニル尿素薬の服用
  • 1.5~2.0ng/ml以上……食事療法

グルカゴン検査もグルカゴン負荷試験も、今は未だ研究段階にあり、血糖値測定やインスリン検査ほど普及していない。しかし膵臓機能を調べるのに有効な糖尿病検査として、期待がもたれている。

[
]

コメント