• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットワード

クエン酸回路(TCA回路)

  • 医療
  • くえんさんかいろ(てぃーしーえーかいろ)

クエン酸回路(TCA回路)とは、食べ物から摂取した炭水化物や脂肪を分解・燃焼し、体が必要とするエネルギーを作り出す場所である。
クエン酸は、クエン酸回路をスムーズに稼動させるための原動力となっている。クエン酸回路を活性化することでエネルギーの産生が促進され、疲労回復効果が得られる。
クエン酸回路がうまく働いていると、糖質代謝や脂質代謝が効率良く行われる。逆にクエン酸が不足した状態や上手く作用していない場合は、糖質・脂質の代謝がうまく行われず、やせにくく、疲労が溜まりやすい体質となってしまう。
脂肪はクエン酸回路で燃焼され、エネルギーとなるが、クエン酸回路がうまく働いていなければ、脂肪も燃焼しない。ダイエットにおいて、クエン酸回路をうまく働かせることは大切であり、クエン酸の摂取は重要である。

No.124

[
]

コメント