• このエントリーをはてなブックマークに追加

1日1.5リットル 水を飲むだけのデトックス法

デトックスの方法の1つに、水を飲むというものがあります。

たったそれだけのことでいいの?と思うかもしれません。しかし、ただ闇雲に飲めば良いというわけではなく、飲む量などルールをきちんと理解した上で行うことが大切です。
水を飲むだけで効果的にデトックスできる方法を詳しく紹介していきます。

ミネラルウォーターには軟水と硬水がある

私たちが生きていくのに欠かせない「水」。 水には水道水やミネラルウォーターなどいろいろな種類がありますが、そのなかでもデトックスやダイエットに役立ってくれるのはミネラルウォーターです。

ミネラルウォーターには、大きく分けて軟水と硬水の2つがあります。
水に含まれているカルシウムイオンやマグネシウムイオンなどの濃度を数値化したものを硬度と言いますが、軟水とは硬度120未満の水のことを指し、硬水とは硬度120以上の水のことを指しています。

もっとわかりやすく説明すると、軟水とはミネラルを少量しか含まない水のことであり、硬水はミネラルが多く含まれる水のことです。

カルシウムイオンやマグネシウムイオンには、体のなかの有害金属を取り除いてくれる効果があります。つまりデトックスにもってこいというわけですね。
ミネラルウォーターには、そのほかにも脂肪や炭水化物の消費を促進したり、肌がキレイになったり、食事だけでは不足しがちなミネラル分を補えたり… 嬉しい効果がいっぱいです。

「軟水」「硬水」って何?

種類 硬度 もっと分かりやすく 特徴
軟水 120以下 カルシウムイオンやマグネシウムイオンを少量しか含まない 飲みやすく、和食・コーヒー・お茶に適しています。
硬水 120以上 カルシウムイオンやマグネシウムイオンを多量に含んでいる クセが強いですが、肉を柔らかくする・臭み消しの効果があります。

カルシウムイオン・マグネシウムイオンの効果

体のなかの有害金属を取り除いてくれる効果が。デトックスにもってこい!脂肪や炭水化物の消費が促される。肌がキレイになる。食事だけでは不足しがちなミネラル分を補える

1日に1.5ℓ飲もう!でもイッキ飲みは×

人間は汗や尿などで、1日に約1.5!の水分を失います。
よって健康を維持するためには、同量の水を食事以外で補給しなければいけないと言われています。

たくさん水を飲むと尿量が多くなり、自然にデトックスに繋がります。
水デトックスを実践するならば、1日に1.5!のミネラルウォーターを飲むようにして下さい。
ただし、気をつけて欲しい点があります。

それは、一度ですべて飲もうと無理をすることです。
間違っても1.5!のペットボトルをイッキ飲みするなどの行為は絶対に止めてください。お腹を壊したり、腎臓に大きな負担をかけてしまいます。
目安としては、一度にコップ一杯(約200cc)です。それを9~10回くらいに分けて飲むようにしましょう。
1.5!を目安といしていますが、1.5!を意識しすぎて、無理をするのは良くありません。

水を飲んでデトックスをするには?

イッキ飲みは止めましょう!お腹を壊したり、腎臓に大きな負担がかかります。

ミネラルウォーターを飲むときのポイント~より効果的にデトックスするための方法~

水を飲むタイミングや水の温度などに気を使うと、より効果的にデトックスすることができます。また、硬水と軟水を使い分けるとさらに効果が高まります。
冷たい水では胃や腸の負担になりやすく、体を冷やしてしまうため、常温の水を飲むと良いです。

POINT1 朝、目覚めた時に
・胃腸に負担をかけないためにも、常温の軟水がベストです。
・適度に胃腸が刺激されて、代謝のリズムがよくなり、排泄も促進されます。
POINT2 食事の前
・食前に飲むと、空腹感が和らぐので食べ過ぎを防ぐことができます。
・ゆっくり飲むところがポイントです。胃腸が活発になり、消化・吸収力もアップします。
POINT3 午後
・代謝が活発になるので硬水がオススメです。
・ただし硬水の味はクセが強いので、口に合わないという人は軟水でもOKです。
POINT4 運動後
・炭酸ガス入りのものを選びましょう。疲労物質である乳酸を分解する作用があります。
POINT5 お風呂に入る前
・入浴前に飲むとよりたくさん汗が出て、体の毒素も流れていきます。
POINT6 就寝前
・お腹に優しい軟水を飲みましょう。
・血行促進・新陳代謝が活性化し、痩せやすい体になれます。
[
]

コメント

新着記事 人気記事ランキング