スリズム ダイエットコラム
ダイエットコラム

「むくみ」がセルライトの原因!?何とかしたい「むくみ」の解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、皆さんは「むくみ」に悩まされていませんか? 朝起きたら顔がアンパ●マンのように膨れ上がっていたり、足だけムチムチになってブーツが履けなくなっていたり…むくみに悩まされたことのある人は少なくありません。

女性の多くが悩まされている「むくみ」は、困った症状を見せるだけでなく、溜め続けると、あの「セルライト」を引き起こしてしまうのです。

足のむくみ

セルライトはどうしてできる?

セルライトは太っている人だけに付く脂肪の塊だと思っている人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです! 太っていない人にもセルライトはできます。確かに、セルライトの正体は脂肪ですが、セルライトは脂肪だけでなく、むくみや冷えなども関与していて、太っていない人にでも作られるものなのです。

セルライトは、脂肪細胞の肥大化やむくみなどが原因で、リンパ管や毛細血管が圧迫されることによって起こります。 リンパ管や毛細血管が圧迫されると、余分な水分や老廃物が排出されずに溜まってしまいます。そして、余分な水分や老廃物が、酸素や栄養素の運搬を妨げ、さらに代謝を悪くしてしまいます。

代謝が悪くなると、脂肪細胞は燃焼されず、溜まった老廃物や余分な水分が脂肪細胞にこびりつくようになります。 悪化が進むと、コラーゲンが老廃物の付着した脂肪細胞に絡みつくようになり、さらにガンコなセルライトにしてしまいます。

セルライトが出来るまで

セルライトが出来るまで

このように、別の組織が組み合わさってできたセルライトは、皮下脂肪と違い、燃焼されないので、取り除くのはとても困難です。 セルライトを防ぐためには、「むくみ」の段階での予防とケアがとても大切なのです。

むくみの主な原因

むくみは、生活習慣や食生活とも大きく関係しています。下記の項目に当てはまるものはありませんか?何気なく行っていることや毎日習慣的に行っていることが、むくみの原因となっている場合が多いです。 むくみの原因をチェックして、生活習慣や食生活を見直してみましょう。

□ ハイヒールを履くことが多い
□ 運動不足である
□ 手足が冷たいと感じることが多い
□ しょっぱいものが好きである
□ お酒を飲むことが多い
□ ストレスを溜めやすい
□ 立ち仕事が多い
□ 事務などの座りっぱなしの仕事をしている
□ 眠りが浅い

セルライトになる前にむくみから脱出する方法

落ちにくいセルライトと違って、むくみのうちはすぐに解消できます。

  • むくんでいる部分の筋肉を動かし、血液循環を良くして、老廃物が溜まらないようにしましょう。
  • 食事で代謝を上げるような食材(イモ類やバナナ等)を食べて、むくみの原因である水分を排出しやすい体にしましょう。
  • 薄味の食事を心がけましょう。また、むくみを解消するカリウムやカルシウムの摂取を心がけましょう。
  • 体に合わない下着や洋服は、締め付けることにより、血液やリンパ液の循環を悪化させます。無理をせずに、体に合ったサイズのものに変えましょう。

ちょっとした心がけ一つで、むくみはずいぶんと改善されるものです。ガンコなセルライトにならないように、むくみのうちに解消しましょう。

セルライトになってしまったら・・・

万が一、むくみからセルライトになってしまっても「落としにくい」というだけであって、落とせない脂肪ではありません。除去手術が必須なものでもなく、脂肪の塊をもみほぐしたり、温めたりすることで、ガッチリ固められたセルライトも柔らかくなり、代謝が高まって解消できます。

セルライトは温めよう!

セルライトは温めるセルライトを取り除く上で最も重要なことは「温める」ということです。
むくみは、冷えによって血液循環が悪くなり、老廃物が溜まることも原因の一つです。冷えたままでは、血行も良くならず、セルライトは分解できません。
セルライトに効果的な温め方に、足湯や半身浴などの「入浴」があります。肩までしっかりと入るよりも、足だけ湯船につかる足湯や腹部までつかる半身浴の方が、全身浴に比べて、心臓に負担をかけずに体を温め、血液の流れを促進させることができます。また、体への負担が少ないので、長く入浴することも可能です。
特に半身浴は、セルライトの付いたカチコチの脂肪をほぐすことができるだけでなく、基礎代謝を高める効果やデトックス効果も期待でき、おすすめです。 体がポカポカしてきたら、気になる部分をマッサージするとさらに効果が高まります。

一度ついてしまったら、なかなか取れないセルライトですが、半身浴やマッサージを継続して行うことで、取り除くことができます。 一度や二度の半身浴では、効果が見られないかもしれません。毎日続けることが大切なのです。

■ 食品の総カロリーや栄養成分を瞬時に計算できる「カロリーSlism」がオープンしました!

カロリー計算&栄養成分サイト「カロリーSlism」-ダイエットのサポートにお役立てください
[
]

コメント 1 Comment

  1. gabee より:

    すごく為になってよく読ませてもらってます!ありがたいです!!

カロリーSlism「食べた物の栄養とカロリーが瞬時に分かるカロリー計算機」 カテゴリー
カテゴリー内記事一覧
ダイエットコラム
人気記事ランキング コメント 携帯電話・スマートフォン対応

スリズム(slism) - QRコード

HOME RSS 2.0 - すべての記事