• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットワード


人工甘味料

種類の多い人工甘味料は、厚生労働省認可のものが安全でおすすめ。

化学合成で産み出した甘味料を、人工甘味料または合成甘味料という。人工甘味料には、アスパルテーム、アセスルファル、スクラロース、サッカリン、ミラスィー(ネオテーム)などの種類がある。それぞれ有する甘味度やカロリーが異なるので、各特徴をよく確認してから利用すること。安全確認については、厚生労働省認可の食品添加物であるか否かを目安にするとよい。人工甘味料を個人のダイエットに用いる場合、入手しやすいアスパルテーム原料の『パルスイート・カロリーゼロ』や、通販などで大量購入できるスクラロースなどがお勧め。

人工甘味料

化学合成で産み出した甘味料のこと

天然由来でなく、化学合成で誕生させた甘味料のことを、人工甘味料あるいは合成甘味料という。
人工甘味料は、砂糖(ショ糖)より強い甘さをもつもの、砂糖よりカロリー控えめのものなど、数多くの種類があり、糖分カットでダイエット成果を得たい人や糖尿病対策したい人の注目を集めている。

人工甘味料の種類とそれぞれの特徴

国(厚生労働省)に食品添加物としての使用が許可されている人工甘味料には、以下のようなものがある。

アスパルテーム

グラム当たりのカロリーは砂糖と変わらないが、甘味度は砂糖の200倍なので、カロリーダウンに役立てられる。
砂糖に似たさわやかな甘さなので摂取しやすく、虫歯菌のエサにならない特長がある。アスパルテームを原材料の1つとした商品には、味の素のダイエットシュガー『パルスイート・カロリーゼロ』が有名。

アセスルファムカリウム

ノンカロリーの人工甘味料だが、砂糖の200倍もの甘さがあるので、砂糖の代用品としておすすめ。
副作用や発がんのリスクがなく、血糖値が変動しない特徴もあるので、糖尿病の人でも安心して摂取できる。
アセスルファムカリウムも、『パルスイート・カロリーゼロ』の素材の1つに使われている。

スクラロース

カロリーゼロながら砂糖の600倍も甘いので、食事ダイエットにおいて大幅なカロリーカットができる。
他にも虫歯菌のエネルギー源にならない、血糖値やインスリン値に影響を及ぼさない、苦味や渋味を中和する、熱に強く長持ちするなど、長所が多い。通販ショップでも取り扱いしており手軽に入手できるところも魅力。

サッカリン

サッカリンはゼロカロリーの人工甘味料で、甘味度は砂糖の500倍とかなり高い。
発がん性が懸念された過去があるが、現在は安全確認がとれている。後味がやや苦く、濃度が高くなるほど苦味が増す特徴があるので、ソルビトールなど他の人工甘味料と一緒に使われている場合が多い。

ミラスィー(ネオテーム)

ミラスィーとは、カロリーは砂糖の半分、甘味度は砂糖の10000倍のネオテームを原料とした人工甘味料。
商品提供は、DSP五協&ケミカル株式会社で、1日の摂取量は1mg/kg(体重)が許容範囲。(例:体重50kgの人の場合は、50mgとなる)。シュガーレスガムやゼリーなどの食品に添加されている。

[
]

コメント