• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエット方法/食事

豆乳バナナダイエット

  • 手軽さ-★5
  • 成功率-★4
  • おすすめ度-★5
  • 安くすませたい-100~199円
  • 1ヶ月で変わりたい!-15日~1ヶ月

豆乳バナナダイエットは、1日1~2回食事の前に豆乳バナナを飲むことで、無理なく食事の量が減らせて、脂肪燃焼促進効果や健康効果、美容効果が期待できるダイエットです。豆乳の大豆タンパクによって、筋肉を落とさずに基礎代謝がUPでき、太りにくい体を作れます。

豆乳バナナ

ダイエット方法

豆乳とバナナ、どちらも豊富栄養で、ダイエット効果が期待できる食材です。この豆乳とバナナを一緒に摂取することで驚くべきダイエット効果が得られます。

豆乳バナナの摂取方法は、豆乳とバナナをミキサーにかけて、ジュースにして飲みます。
1日に1~2回、食前に豆乳バナナを飲み、食事は普段通りに摂取します。食前に豆乳バナナを飲むことで、食事の量が抑えられ、摂取カロリーを減らすことができるのです。

豆乳バナナの作り方

材料:
豆乳150~200ml・バナナ1本

作り方:

  1. バナナは適当な大きさに切っておきます。
  2. ミキサーに1のバナナと豆乳を入れてスイッチを入れます。
  3. とろとろになったらできあがりです。

豆乳の量が多いとサラっとしたジュースになり、バナナの分量が多い場合にはドロっとしたジュースになります。豆乳の量は、好みに合わせて調節しましょう。
また、はちみつや黒ゴマ(黒すりごま)、きなこは栄養価が高く、豆乳バナナとの相性が良いので、気分に合わせてプラスするのも良いでしょう。はちみつはカロリーが高いので、たくさん入れすぎないように気をつけましょう。

メリット

豆乳・バナナともにローカロリーでありながら腹持ちが良い食材です。さらに、多くの栄養が含まれ、ダイエット効果・健康効果・美容効果が期待できます。

腹持ちが良いから負担にならない

豆乳バナナのメリットに、空腹感を感じにくいということが挙げられます。
バナナはアスリートの栄養補給にも使用される栄養豊富な食材です。含まれている栄養は吸収される速度が異なるので、エネルギーが長く保たれ、空腹感を感じにくくしてくれます。
そして、豆乳に豊富に含まれている大豆たんぱくも、体の中でゆっくりと吸収・分解されるので、お腹がいっぱいになりやすく、空腹感を感じにくくしてくれます。
豆乳とバナナ、どちらも腹持ちが良く、空腹感が少ないという特徴があるのです。

腹持ちの良い豆乳バナナは、間食を減らしたり、空腹感によるストレスを防ぐ効果が期待できます。
ダイエットの失敗の一つに、過食によるリバウンドがありますが、ストレスが少ない豆乳バナナは、ストレスによるドカ食いも防いでくれるのです。

カロリーが低いから安心

豆乳は200mlあたり128カロリー、バナナは1本の可食部(100~150g)は86~129kcalです。
豆乳バナナのカロリーは、バナナの大きさにもよりますが、210~250kcalと低カロリーです。

豆乳とバナナを摂取することで、低カロリーでありながら、美容や健康にも効果的なビタミンやミネラルを豊富に摂取できます。豆乳バナナで多くの栄養を摂取できますが、食事の栄養もバランスの良いものを心がけましょう。朝食を豆乳バナナに置き換える場合には、他の食事でバランス良く栄養を摂取すると良いでしょう。

豆乳バナナで代謝UP!

豆乳には、大豆たんぱくが豊富に含まれています。たんぱく質はダイエット中には欠かせない栄養素ですが、食事を減らすことで不足しやすい栄養素でもあります。たんぱく質は筋肉をつくる栄養素です。不足すると、筋肉が落ちて基礎代謝が低下し、太りやすい体を作ってしまいます。

豆乳バナナを飲みながらダイエットをすることにより、良質なたんぱく質を摂取でき、筋肉を落とさずに脂肪だけを落とすダイエットが可能になるのです。

ペプチドが脂肪を燃えやすくしてくれる!

大豆に含まれている大豆ペプチドは、アミノ酸がいくつかくっついた状態のものであり、たんぱく質を分解するときに作られます。
単体のアミノ酸に比べて大豆ペプチドは、アミノ酸の吸収効率が高く、脂肪の燃焼を高める働きがあります。

運動で脂肪を燃焼する場合には、20~30分の間運動を続ける必要があるとされています。それは、運動により、脂肪が脂肪酸に分解され、脂肪酸が燃焼されるまでに時間がかかるためです。
アミノ酸には、脂肪の分解を促す働きがあり、脂肪を燃えやすい状態(脂肪酸)にする効果があります。アミノ酸の吸収率が高い大豆ペプチドを摂取することによって、脂肪の分解が促進されるので、効率良く脂肪が燃焼されるようになるのです。

*

デメリット

豆乳バナナは、健康や美容、ダイエットに効果的な栄養素をしっかり摂取できますが、低カロリーであっても、ノンカロリーというわけではありません。食事で多くのカロリーを摂取していては太る原因になってしまいます。

食事の前に豆乳バナナを摂取することで、満腹感が得られ、自然に食事の量が減らせますが、食べ過ぎや高カロリーの食事を摂取していては効果が出にくくなってしまいます。
豆乳バナナを摂取しながら、食事を腹八分目にして、栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

また、豆乳バナナには脂肪燃焼を促進する効果があるので、運動と組み合わせると、より効果的が高まります。

*
ダイエット トップへ戻る ダイエット方法【食事メニューページ】へ戻る
*
[
]

コメント

評価リスト 新着記事 人気記事ランキング