• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエット方法/食事

黒豆ダイエット

  • 手軽さ-★5
  • 成功率-★4
  • おすすめ度-★4
  • 安くすませたい-100~199円
  • 時間をかけて確実に!-1ヶ月~3ヶ月

黒豆を食べて健康的にダイエットしましょう。黒豆は、サポニンやアントシアニン、イソフラボンなどの美容や健康に効果的な栄養素が豊富に含み、太りにくい体質を作る効果が期待できる食品です。お金もかからず、手軽に挑戦できる おすすめのダイエット法です。

黒豆

ダイエット方法

黒豆を毎日70g食べます。過剰に摂取してしまうと、お腹の調子が悪くなってしまうので、摂取量には注意しましょう。

黒豆を食べるタイミングは、食前でも食中でも、間食として食べても大丈夫です。間食する習慣のある人は、おやつ代わりに食べるのも良いでしょう。また、食事の前に摂取することで、食事の量を自然に減らすことができます。料理にプラスする場合には、食事と一緒に摂取します。

黒豆の摂取方法

  1. 乾燥した黒豆(70g)を多目の水に一晩漬けておきます。
  2. 翌日水を吸ってやわらかくなった黒豆を15~20分蒸します。
  3. 料理にプラスしたり、味付けしたりして食べます(炒め物にプラスする・スープに入れる・酢漬けにするなど)。

黒豆はしっかり水に浸さなければ、固くて食べにくい場合も…。前日に準備することが難しい場合には、電子レンジや炊飯器で調理すると、手軽にできます。

メリット

黒豆には、イソフラボン・サポニン・アントシアニン・食物繊維などの健康やダイエットに効果的な成分が豊富に含まれているため、やせるだけでなく、美しく・健康になれるのは魅力的ですね。

サポニンは太りにくい体を作る

サポニンは大豆や小豆、黒豆などに含まれている成分であり、小腸の絨毛を小さくする効果があります。
小腸の絨毛は、体脂肪が高くなると大きくなり、過剰に脂質や糖質を吸収してしまいます。
しかし、サポニンが絨毛を小さくすることによって、余分に脂質や糖質を吸収しなくなるのですから、太りにくくなれるのです。

ホルモンバランスを整える

女性ホルモン(エストロゲン)と同様な働きをするため、ホルモンのバランスを整える効果が期待できます。
イソフラボンには、エストロゲンが過剰な場合には、エストロゲンの働きを抑制する効果があり、不足している場合には、エストロゲンの働きをサポートする効果があります。
そのため、ホルモンバランスを整えることができ、新陳代謝UPや美肌、更年期の症状緩和など多くの効果が期待できます。

美容・ダイエットに効果的なアントシアニンが豊富!

アントシアニンとは、ポリフェノールの一種でブルーベリーなどにも多く含まれ、視力回復効果などが広く知られています。
アントシアニンには、体や内臓に蓄積した脂肪の代謝を促し、脂肪を減らす効果もあることがわかっています。

*

デメリット

黒豆ダイエットのデメリットは、飽きてしまうということ、調理が大変ということの2点が挙げられます。

どんなダイエットでも、毎日同じものを食べていると飽きてしまうものです。黒豆はどの料理にも活用しやすいので、摂取方法を工夫すると飽きずに長く続けられるでしょう。黒豆はスイーツとの相性も良いので、黒豆をプラスしたおやつもおすすめです。

また、黒豆は電子レンジや炊飯器を利用して手間を省くことができますが、忙しい日には調理が面倒になってしまうこともありますよね。そんな時には、市販の黒豆茶や黒豆サプリメントなどで代用すると良いでしょう。

*
ダイエット トップへ戻る ダイエット方法【食事メニューページ】へ戻る
*
[
]

コメント

評価リスト 新着記事 人気記事ランキング