• このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエット方法/食事

赤ワインダイエット

  • 手軽さ-★5
  • 成功率-★2
  • おすすめ度-★2
  • 安くすませたい-100~199円
  • じっくり仕上げる-3ヶ月以上

ワインダイエットは、ワインを飲みながらゆっくりと食事をすることで満腹感が得られ、自然に食べる量が減らせます。ワインには豊富なポリフェノールが含まれ、高い健康効果が期待できます。 食事制限がないのでストレスが少なく、長く続けやすいのも魅力です。

赤ワイン

ダイエット方法

ワインダイエットは、お酒を飲みながらやせられるダイエット法。
夕食時に、赤ワインを飲みながらゆっくり食事をします。ゆっくり食事をとることで、早食いを防ぎ、自然に食べる量を減らせるのです。

赤ワインは少量ずつゆっくり飲み、食事は良く噛んでゆっくり食べましょう。赤ワインの量は1日2杯まで。赤ワインも食事も少量を、よく味わって食べることが大切です。

メリット

お酒が好きな人は、ダイエット中「お酒を飲んではいけない」ということがストレスになっている場合もあるのではないでしょうか。
「お酒=ダイエットの敵」ではありません。お酒にも栄養素が含まれ、適量ならば多くの効果を得られます。
お酒を飲みながら食事を美味しくいただくことができて、それなのにやせられるワインダイエットの最大のメリットは「ストレスがない」という点でしょう。

自然に食べる量が減らせる

満腹中枢は食事を始めてから約15分で刺激されます。ゆっくり食べると、少しの量でも満腹中枢が刺激され、満腹感を得られるのです。
早食いは、十分に食べても満腹感が得られません。よく噛んでゆっくり食べることは、ダイエットだけでなく、健康のためにも大切なことです。

ポリフェノールが活性酸素を抑制

赤ワインには、緑茶の4倍ものポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは強い抗酸化力を持ち、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を防ぎます。

カリウムが余分な塩分を排出

赤ワインにはカリウムも含まれています。カリウムは体内の余分な塩分を排出する効果があり、血圧を下げる働きや筋肉の働きをスムーズにする働きがあります。

*

デメリット

ワインダイエットを実践するに当たって、ワインと一緒に食べる食事の栄養バランスが大切です。 お酒を飲むと、ついこってりとしたつまみが欲しくなってしまいますが、食事の栄養バランスやカロリーを考慮したメニューにしましょう。

ワインと相性の良い食品にチーズがありますが、チーズは決してカロリーの低い食品ではありません。カルシウムなどの栄養価の高い食品ですが、食べ過ぎには注意が必要です。
ワインを飲みながら、栄養バランスの良い食事をゆっくりととることが大切です。

また、ワインダイエットは、アルコールを摂取できない人にはおすすめできません。
お酒が苦手な人が無理にワインを飲んでも、ストレスになったり、気分が悪くなってしまい、逆効果です。
また、妊娠中の人、授乳中の人、医師にお酒を控えるようにすすめられている人には、ワインダイエットが適したダイエット法とは言えません。

ワインダイエットは、食事をゆっくり楽しむことで効果が得られます。ストレスになったり、体に悪影響を及ぼす可能性がある場合には控えたほうが良いでしょう。

*
ダイエット トップへ戻る ダイエット方法【食事メニューページ】へ戻る
*
[
]

コメント

評価リスト 新着記事 人気記事ランキング