• このエントリーをはてなブックマークに追加

皮下脂肪を減らすための5つのキーワード



食事

皮下脂肪の原因の一つに、食生活の乱れが挙げられます。朝は忙しくて食べられない・夕食が夜9時を回ってしまう・揚げ物を食べることが多い…など、ついついやってしまうことも、積み重なると皮下脂肪の蓄積として現れてしまいます。
「問題ない」と思っている人も、自分の食生活を改めて見直してみてはいかがでしょうか?

自分の食生活に当てはまるものはありませんか?

脂肪がついて肥満になってしまう原因は、カロリーオーバーです。摂取カロリー>消費カロリー では余分なエネルギーが脂肪として蓄積されてしまいます。
また、揚げ物やお菓子など、カロリーの高いものを好きなだけ食べていたのでは、摂取カロリーが多くなり、皮下脂肪の原因となってしまいます。ダイエットにおいて食生活を見直すことは、とても大切なのです。


こんな食べ方・食べ物は皮下脂肪太りの原因に!

  • 朝食を抜いた分、昼食や夕食はたっぷりとる
  • よく噛まないで食べる、満腹になるまで食べる
  • 食事代わりにお菓子を食べることがある
  • 自炊はしない(外食、コンビニのお弁当ばかり)
  • 飲み会大好き!おつまみには唐揚げやフライドポテトを選ぶ
  • 野菜が嫌いでめったに食べない
  • ご飯よりもパンが好き、特に菓子パンをよく買う
  • 間食が習慣になっている
  • おかずよりも炭水化物の割合が多い
  • コンビニでスイーツを買うクセがある

正しい食生活に直しましょう

いかがでしたか?こんな食べ方をしていたら、間違いなく皮下脂肪太りしてしまいます。皮下脂肪型肥満の恐怖から逃れるためには、このような誤った食生活を正しいものに直す必要があります。

正しい食生活とは?

  • ○ 1日3食バランス良く食べる
  • ○ 夜の9時以降は食べない
  • ○ できるだけ1口で30回噛むようにする
  • ○ 腹八分目で止める
  • ○ お酒のおつまみは、枝豆やお豆腐などを選ぶ
  • ○ できるだけ食事は自分で作る
  • ○ パンよりご飯を食べるようにする
  • ○ 野菜をたくさん使った料理を食べる
  • ○ お菓子を食べたら、夕食は控えめにしよう
  • ○ 外食をするなら、洋食より和食を選ぶ
→
こんなメリットがあります!

よく噛むと満腹中枢が刺激されて、お腹がいっぱいになる!

同じ量でも、パンよりご飯のほうが低カロリー!

野菜を食べるとお通じがよくなり、便秘も解消される!

正しい食生活にするために…

食習慣を変えるのは、意外に大変なことです。毎日食べていたお菓子を急にやめたり、大好きなパンを食べないようにしたり…急にいろんことを始めてしまうと、ストレスになってドカ食いや過食の原因となってしまいます。
自分の食生活の問題点を一つずつ解決していくようにしましょう。

よく噛まずに食べてしまう人は…

よく噛んで食べることは、満腹感を得るためにも、消化・吸収をスムーズにするためにも大切なことです。あまり噛まずに食べてしまうという人は、食物繊維の豊富な野菜を取り入れることをおススメします。
食物繊維豊富な野菜は、よく噛まなければ食べられませんので、自然と噛む回数が増え、満腹感が得やすくなり、食べる量を減らすことができます。きのこ類、根菜類などがおススメです。大きめにカットすると、さらに噛む回数を増やせます。

また、野菜の他にも、玄米やこんにゃく、海藻類なども食物繊維が豊富で、よく噛んで食べる習慣をつけられる食材です。

夕食が遅くなってしまう人は…

本当は夕食を早めに食べたいのに、どうしても遅くなってしまう…という人もいると思います。なるべく9時までに夕食を済ませたいところですが、どうしても遅くなってしまう人は、低脂質・低カロリーを意識したメニューにしましょう。
夕食は、摂取したエネルギーを消費しにくく、蓄積しやすいため、カロリー・脂質を控えめにすることが大切なのです。
お腹が空いて夕食はついつい食べ過ぎてしまう…という人は、夕方にヨーグルトやオニギリなどを軽く食べておき、夕食を軽めにすると良いでしょう。


[
]

コメント

新着記事 人気記事ランキング