• このエントリーをはてなブックマークに追加

新鮮なフルーツの選び方

コンテンツメニュー
フルーツがダイエットに向いている理由 フルーツを食べてダイエット ダイエットに向いているフルーツ紹介
フルーツの美味しい食べ方 フルーツの雑学

新鮮なフルーツの選び方

[


新鮮なフルーツの選び方を知っておこう!

フルーツをどうせ食べるなら新鮮なものが一番!誰でもすぐわかる新鮮なフルーツの選び方を教えます。早速自分の身近にあるフルーツが新鮮かどうかこれを見て調べてみましょう。

]

バナナ

見た目に傷がついていなく、黄色く色づいたものを選びましょう。黒い斑点であるシュガースポットが出てきたら食べごろです。

オレンジ

鮮やかで張りとツヤがあり、ずっしりと重みを感じるものを選びましょう。また皮と実の間に空洞を感じたり、皮のキメが粗いものは味が落ちている証拠なので選ばないように気を付けてください。

グレープフルーツ

形が丸く整っていて、ずっしり中身がつまっていそうなものを選びましょう。皮にへこみがなく色があざやかで、張りとツヤのあるものが美味しいです。皮にシミが付いたものがありますが、味に関係ないのでシミは気にしなくても平気です。

イチゴ

ツブツブがクッキリしていて、実は鮮やかな赤色で、へたは緑色のものを選びましょう。また表面に傷がなくツヤのあるものを選びましょう。

メロン

網ありメロンならば、形が左右対称に整っていて、網目がクッキリしていて、網目の盛り上がりが高いものを選びましょう。また軽いものよりもずっしりと重みがあり、香りが高いものを選びましょう。

パイナップル

丸みがあって、下が太っているものを選びましょう。またずっしりと重みがあり、香りが高いものが良いです。

キウイ

きれいな俵型で、皮にまんべんなく産毛が付いているものを選びましょう。皮の色は明るい薄茶色のものが良く、触って軽く弾力を感じるやわらかさがあると食べ頃です。

スイカ

皮に張りがあり、緑と黒のコントラストがハッキリとしているものを選びましょう。軽く弾いたときにボンボンと響けばシャキッとしていて良いスイカで、ボタボタと鈍い音がすれば熟れすぎの駄目なスイカです。カットされて売られているタイプは、鮮やかな赤色で、空洞がないものを選びましょう。

ブドウ

粒の色が濃くて、はちきれそうなほど実に張りがあるものを選びましょう。軸は青みがあって太いものを。また皮に白っぽい粉がついているものもありますが、この粉はブルームというもので水分の蒸発を防ぐ効果があります。この粉が付いているブドウは新鮮である証拠ですので心配しないでください。

モモ

ふっくらときれいな丸みを帯びていて、紅く色づいているものを選びましょう。皮の色は濃いほうが甘みがありおいしいです。皮全体にうぶ毛があり、香りの高いものが美味しいので選びましょう。

サクランボ

果肉がかたくしまっていて皮に張りとツヤがあり、色が鮮やかなものを選びましょう。皮が黒っぽくなっていたり褐色の斑点があるもの、軸がしおれているものは避けてください。

ナシ

形が良く張りがあり、ずっしりと重みがあるもの。また軸がしっかりとして皮に色ムラがなく、おしりがふっくらとしているものがおいしいナシです。皮のザラザラした感じは熟すにつれて減っていき、食べ頃になるとツルツルになってきます。

リンゴ

皮が赤く染まり張りとツヤがあり、軸が太くて弾力があるものを選びましょう。お尻の部分が緑色のものはまだ未熟で、黄色いものは甘みがあるといわれます。

カキ

へたがきれいで、なおかつへたが果実にくっついていて果実との間に隙間がないものを選びましょう。隙間があると虫が入り込んでいる可能性があります。濃く色づいて、張りがあり、ずっしりと重いものが良いカキです。

ミカン

濃い橙色で、ヘタのところまできちんと色づいているものを選びましょう。また形が扁平で、皮のツブツブがきめ細かく入っているものを選びましょう。

レモン

形が整っていて皮に張りとツヤがあり、色の鮮やかなものを選びましょう。また軸の部分が緑色で香りが高く、持ったときに皮に弾力があり、ずっしり重みを感じるものを選びましょう。軽いものは水分不足の証拠なので避けてください。

[
]

コメント 3 Comment

  1. とんこ より:

    大変勉強になりました。ちょっと物知りになった気分です。

  2. きゃろらいん より:

    とても参考になりました
    夏休みの研究という宿題に
    とても役立ちました
    有難うございました

  3. るあ より:

    とても参考になりました

新着記事 人気記事ランキング