• このエントリーをはてなブックマークに追加
セルライト~ケア・マッサージ・除去方法を知る~

自宅でできるマッサージ
セルライトをつぶして除去!?

自宅マッサージでセルライト除去

皆さんはセルライトの除去を自宅でどう行っていますか?自宅で行える撃退方法をご紹介します。

セルライト解消において「エデマ」という言葉を耳にしたことがあると思います。セルライトの原因であるエデマとは、老廃物のことです。
体の組織内に脂肪が溜まり、不要な水分や老廃物、毒素などが体外へ排出されずに体内に蓄積され、リンパ液や血液の循環、代謝が低下することでセルライトは作られていきます。自宅でのセルライト除去は、エデマを体外へ排出することから始まります。

--------

セルライト除去はマッサージから

セルライトを予防・解消するにはリンパ系の循環や滞りを良くすることです。セルライト除去で行うマッサージはリンパの流れを改善することが目的です。リンパ液などが下肢に溜まることで冷えやむくみを呼び、それがセルライトをつくる原因にもなります。セルライト予防・解消に効果が期待できるリンパマッサージは、最近ではリンパドレナージュマッサージと呼ばれています。

リンパ系の役割

リンパの流れを改善するには、まずリンパ系の役割を知っておきましょう。
リンパ系には、リンパ管・リンパ節(リンパ腺)・リンパ液の3つがあり、人の体には動脈・静脈と同様、リンパ管が全身に張り巡らされています。
体の末梢部位のリンパ管を毛細リンパ管、毛細リンパ管が結合したものをリンパ管と呼び、リンパ管は最終的には静脈に流れます。また、首、腋下、鼠頚部などにあるリンパ管が合流する部位をリンパ節と言います。

リンパ管の中を通っているリンパ液(リンパ)は、毛細血管から体の細胞組織に溶け出した血漿の一部で、組織液がリンパ管に流入した体液のことです。老廃物や毒素、腸管で取り込まれた脂肪を運搬する機能を持っています。
リンパ液の中にはリンパ球と呼ばれる細胞があり、リンパ球は体内に侵入した細菌などを退治する作用があります。

マッサージは優しく行いましょう

リンパマッサージは力を入れず、優しくマッサージすることが大切です。力が強すぎると逆効果になる場合もあるので、優しく撫でるようにしてあげましょう。
下半身のむくみや冷えを解消するには、足首→ふくらはぎ→大ももという様に末梢から体の中心へ向かって優しくマッサージしていきます。足の付け根にあるリンパ節(鼠径リンパ節)にスムーズにリンパが流れていくように行いましょう。
リンパマッサージは、入浴後の血行が良くなっている状態で行うと特に効果的です。

--------

セルライトはつぶして解消する!?

セルライトは潰して減らすという方法をよく耳にしますが、気合を入れて力みすぎるのは良くありません。
セルライトは、細胞に流れてくる脂肪が逃げ場を失って、古い脂肪が溜まった脂肪細胞によってつくられます。脂肪細胞を圧すことで脂肪球に外力が加わり、脂肪内に蓄積されていた古い脂肪が細胞外へと排出されます。そうすることで細胞組織に新たな脂肪を取り込むことができ、正常な循環に戻ります。

しかし、力を入れて圧し過ぎると皮膚を損傷することになるので、力任せに潰すのは止めましょう。セルライトをつぶす時は内出血や痣(あざ)を作らないくらいの力で潰しましょう。強く圧し過ぎると痣は変色し、茶色のシミ状の痕を残してしまいます。

また、せっかく細胞外に排出された古い脂肪細胞を流してあげることも大切です。セルライトをつぶすだけでなく、リンパマッサージで流してあげましょう。
セルライトを減らすには時間と根気が必要になりますが、頑張りすぎてあざを作ることがないように、力の入れ過ぎには注意してください。

--------

コーヒー豆でセルライト予防

挽いたコーヒー豆を体に擦り込むとセルライトが薄くなるという話を聞いたことがあるでしょうか?
この話題は最近取り上げられたもので、海外ではモデルなどが前々から行っていたそうです。コーヒーは脂肪の原因となるものを分解する効力があるとされ、浴室で気になる部分に使用後の挽いたコーヒー豆を擦り込んでセルライトケアを行っているという人もいるようです。

--------
[
]

コメント

新着記事 人気記事ランキング