スリズム ダイエットコラム
ダイエットコラム

普通にダイエットしても細くならない太ももはマッサージが効く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の痩せたい部位の上位にあがる「太もも」。太もものお肉に多くの女性が悩まされています。
太ももって普段から使っているような気がしますが、実は使われにくい部位でもあるんです。
体重が落ちているのに、太ももだけやせてくれない…そんな人も多いことでしょう。

太ももは痩せにくいので、ただの食事制限や有酸素運動だけでなく、太もものためのケアが必要となります。
ただのダイエットではなく、太もものためのダイエットが必要なのです。

普通にダイエットしても細くならない太ももはマッサージが効く

太ももにはマッサージが効果的!!

太ももをマッサージする女性

皮下脂肪を落とすには、もちろん運動も効果的なのですが、マッサージを加えることでもっと効果が高まります。特に、皮下脂肪は皮膚のすぐ近くにありますので、外からの力が加わりやすく、効果が得やすいんです。

また、女性には足のむくみに悩む人が多いですが、むくみがあると代謝が悪くなりやすく、減らしたい脂肪も燃えてくれません。
マッサージで血行を促進して、脂肪が燃えやすい太ももを作っていきましょう!

太ももマッサージの方法

お風呂に入っている女性

マッサージはいつ行っても良いですが、お風呂の中やお風呂あがりに行うとより効果的でしょう。

  1. ヒザに近いところから、ももの付け根に向かって、手の平を滑らせるようにマッサージします。
    (少し圧をかけるように、反対の手で押し付けるようにして行います。)
  2. 太もものお肉をつまんでもみほぐすようにしてマッサージをします。
    (太ももの前側、太ももの両サイド、太ももの裏側を行いましょう。)
  3. 太ももを雑巾をしぼる要領でマッサージしていきます。前側、両サイド、裏側と太もも全体を行っていきます。
  4. 太ももを下から上(足の付け根)に向かって、やさしくさすります。
    (太ももに溜まっている老廃物を流してあげるように行います。ふくらはぎから足の付け根に向かって足全体に行っても良いでしょう。)

女性は下半身に脂肪がつきやすい

男性に比べて女性は皮下脂肪が増えやすく、内臓脂肪がつきにくい体質です。

内臓脂肪と皮下脂肪の違い
内臓脂肪生活習慣病の原因となりやすいが、見た目に目立ちにくい。
(お腹周りにつきやすい)
皮下脂肪病気の原因となりにくいが、見た目に目立ってしまう。
(下半身につきやすい)

女性に皮下脂肪がつきやすいのは、女性ホルモンの皮下脂肪を蓄積しやすい性質にあります。女性ホルモンは、女性らしさを作るホルモンなので、女性らしい美しさを保つためには不可欠なホルモンです。
女性ホルモンは、美しさを作っている一方で、余分な皮下脂肪をつけてしまっているんですね。

また、女性は妊娠・出産に備えるために皮下脂肪が蓄積されやすくなっています。子供を産み、育てるためにエネルギーを蓄積することは大切なことかもしれませんが、食べ物があふれている現代では、エネルギー不足になることはなかなかありませんので、蓄積する一方にもなりかねないですよね。
特に、皮下脂肪は内臓脂肪に比べ、蓄積しやすくて落ちにくいので、「万年ダイエッター」と自負する女性が多いのも納得かもしれません。

太ももは女性の体の中でも、特に皮下脂肪が蓄積しやすい部位。一手間加えた太ももダイエットで、太もも痩せを目指しましょう!

■ 食品の総カロリーや栄養成分を瞬時に計算できる「カロリーSlism」がオープンしました!

カロリー計算&栄養成分サイト「カロリーSlism」-ダイエットのサポートにお役立てください
[
]

コメント 2 Comment

  1. まっすん より:

    マッサージってどうやってするんですか?

  2. らんらみ より:

    何分間やれば効果的ですか?

カロリーSlism「食べた物の栄養とカロリーが瞬時に分かるカロリー計算機」 カテゴリー
カテゴリー内記事一覧
ダイエットコラム
人気記事ランキング コメント 携帯電話・スマートフォン対応

スリズム(slism) - QRコード

HOME RSS 2.0 - すべての記事